後援会会則

森谷真理後援会会則(2021/05/17)

森谷真理後援会会則

 

 

第1 章 総 則
(名称)
第1条 本会は、森谷真理後援会と称する。ただし森谷真理サポーターズクラブを別称として使用することがある。
(所在地)
第2条 本会の事務所を東京都世田谷区太子堂2-14-14に置く。
(目的)
第3条 本会は、森谷真理の音楽活動を後援することを目的とする。
(活動)
第4条 本会は前条の目的を達成するため以下の事業を行う。
(1) メールマガジンの発行
(2) 会員へのチケット販売
(3) 後援会ホームページの運営
(4) その他必要と認めた事業

第2章 会 員
(会員の種類)
第5条 本会の会員は、正会員、特別会員、受益会員の3種類とする。
(正会員)
第6条 本会の正会員とは、総会での議決権のある者を言う。
2 既存の正会員の推薦を受けて総会で認められた場合に正会員となることができる。
3 正会員は年会費を支払う義務を負う。金額は別途定める。
4 総会で議決した場合にその地位を失う。
(特別会員)
第7条 本会の特別会員とは、本会に貢献度の高いことで特別に会員として遇する者とする。
2 正会員の推薦を受けて総会で認められた場合に特別会員となることができる。
3 特別会員の年会費はこれを免除する。
4 総会で議決した場合にその地位を失う。
森谷真理後援会会則(2021/05/17)
2
(受益会員)
第8条 本会の受益会員とは、総会での議決権を有しないが後援会会員サービスを受けられる者
を言う。
2 入会金及び年会費を支払った場合に受益会員となることができる。
3 年会費を支払わないままに事業年度が終わった段階で、あるいは総会においてその地位をは
く奪決定された場合に、会員資格を失う。

第3章 役 員
(役員の設置)
第9条 本会に次の役員を置く。
(1) 代表:総会において選出される
(2) 監事:総会において選出される
(代表)
第10条 代表は本会を代表して本会の活動を行う。
2 代表の活動は、正会員にその権限を委譲し、あるいは指示して代行させることができる。
(監事)
第11条 監事は本会の運営及び会計内容について監査する権限を有する。
2 監事は総会において監査内容を報告する権利と義務を有する。
第4章 総 会
(構成)
第12 条 本会に総会を置く。
2 総会は、すべての正会員を持って構成する。
(権限)
第13 条 総会は次の決議を行う。
(1) 本会の業務執行の決定
(2) 代表の業務執行の監督
(3) 前年度会計実績の承認
(4) 当年度会計予算の承認
(5) 代表および監事の選任及び解任
(6) 正会員および特別会員の任免
(7) 受益会員の会員資格はく奪の決定
(召集)
森谷真理後援会会則(2021/05/17)
3
第14 条 総会は、代表が召集する。
2 代表が欠けたとき又は事故があるときは、正会員が総会を招集する。
3 定時総会は事業年度内に1回招集する。
4 代表、または正会員2名以上の要求により臨時総会を招集することができる。
(議長)
第15 条 総会の議長は、代表がこれにあたる。
2 代表が欠けたとき又は事故があるときは、正会員において互選しこれにあたる。
(決議)
第16 条 総会の決議は、決議について特別な利害関係を有する正会員を除く正会員の過半数が
出席し、その過半数を持って行う。
2 第1項の出席数には委任状提出者を含む。
(議事録)
第17 条 総会の議決については、議事録を作成する。

第5章 会 計
(事業年度)
第18 条 本会の事業年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31 日に終わる。
(収支)
第19 条 本会の経費は、入会金、年会費、寄付金、その他の収入をもって充てる。
2 本会の収支は代表が管理し、監事が監査する。

第6章 会則の変更
(会則の変更)
第20 条 この会則は、総会の決議によって変更することができる。

第7章 附 則
施行日:2018 年4 月1 日
改定日:2020 年5 月17 日

戻 る

“E strano… Ah, fors’è lui… Sempre libera” La Traviata

レパートリー

後援会のご案内