後援会会則

第1章 総 則

(名称)
第1条 本会は、森谷真理後援会と称する。ただし森谷真理サポーターズクラブを別称として使用することがある。

(所在地)
第2条 本会の事務所を東京都世田谷区に置く。

(目的)
第3条 本会は、森谷真理の以下の活動を後援する。
芸術活動
オペラ普及活動
オペラ発表場所の拡充活動

(活動)
第4条 本会は前条の目的を達成するため以下の事業を行う。
メールマガジンの発行
森谷真理公演の運営
後援会ホームページの運営
その他必要と認めた事業

第2章 会 員

(会員資格)
第5条 本会の会員は、本会の目的に賛同し、年会費を納めた者で構成する。但し、会の遂行に伴い不適当と認定された者は会員資格を失う。会員資格は事業年度末までとする。

(入会・退会)
第6条 本会の会員になろうとする者は、理事長の承認を受けた後、会員になることができる。以降毎年、会費を納めた段階で継続するものとする。
2 退会の意思を事務局に届け出た時点から、あるいは当該事業年度の会費を12月末までに納めなかった場合は自動的に、退会したものとする。

(年会費)
第7条 年会費は1,000円とする。ただし既に納入した年会費は返済しない。

(権利・義務)
第8条 会員は後援会の活動に参加する権利を有する。ただし収容人数等の制約により権利行使を制限されることがある。
2 会員は第3条の目的を達するため、後援会の活動に可能な限りにおいて協力する義務を負う。

(会長)
第9条 本会を対外的に代表する名誉職として会長の職を置く。ただし決裁権限を有しない。
2 会長は会員の中から森谷真理が委嘱するものとする。

第4章 役 員

(役員の設置)
第10条 本会に次の役員を置く。
理事:5名~10名、森谷真理により選任される
理事長:1名、理事から互選される
事務局長:1名、理事から互選され日常業務及び会計管理を担当する

(理事の職務及び権限) 
第11条 理事は理事会を構成し、この規則の定めるところにより、職務を執行する。
2 理事長はこの規則の定めるところにより、本会を代表しその業務を執行する。
3 事務局長は事務局を統率し日常業務を執行する。

第5章 理 事 会

(構成)
第12条 本会に理事会を置く。
2 理事会は、すべての理事を持って構成する。

(権限)
第13条 理事会は次の職務を行う。
本会の業務執行の決定
理事の業務執行の監督
理事長、事務局長の選任及び解任

(召集)
第14条 理事会は、理事長が召集する。 
2 理事長が欠けたとき又は事故があるときは、各理事が理事会を招集する。

(議長)
第15条 理事会の議長は、理事長がこれにあたる。

(決議)
第16条 理事会の決議は、決議について特別な利害関係を有する理事を除く理事の過半数が出席し、その過半数を持って行う。
2 理事が理事会の決議の目的である事項について提案した場合において、その提案について決議に加わることができる理事の全員が、書面又は電磁的記録を持って同意の意思表示をしたときは、その提案を可決する旨の理事会の決議があったものとみなす。

(議事録)
第17条 理事会の議決については、議事録を作成する。

第6章 会 計

(事業年度)
第18条 本会の事業年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。

(収支)
第19条 本会の経費は、年会費、寄付金、その他の収入をもって充てる。
2 本会の収支は理事長が管理し、森谷真理が監査する。

第7章 会則の変更

(会則の変更)
第20条  この会則は、理事会の決議によって変更することができる。

第8章 附 則

施行日:2018年4月1日

 

戻 る

information

レパートリー

後援会のご案内

“E strano… Ah, fors’è lui… Sempre libera” La Traviata