PROFILE

Mari Moriya プロフィール

森谷 真理(モリヤ マリ) プロフィール

栃木県小山市出身、武蔵野音楽大学声楽科卒業、同大学院声楽専攻首席卒業後、渡米しマネス音楽院プロフェッショナルスタディーズコ ース修了。小山評定ふるさと大使。とちぎみらい大使。

`19年には「天皇陛下御即位を祝う国民祭典」にて国歌独唱する栄誉に浴した。          
世界各地のコンクールにて優勝、受賞歴多数。主な賞歴としては、第5回ヴェロニカ・ダン国際声楽コンクール1位、第2回チャールズ・A・ リーナム声楽コンクール1位、クラ・ミューズ声楽コンクール1位、カーディフ国際コンクールコンサート賞、及び日本代表、メトロポンオペラ ・ナショナルカウンシルオーディションファイナリストなど。                       
パームビーチオペラにて夜の女王役でデビュー後、欧米の主要歌劇場で活躍。2006年には、レヴァイン指揮『魔笛』同役で抜擢され、鮮烈 なメトロポリタン歌劇場デビューを飾る。同役では他に、ウィーン・フォルクスオーパー、ライプツィヒ・オペラ、スコティッシュ・オペラ、グライ ンドボーン音楽祭ツアー、シアトル・オペラ、パームビーチ・オペラ、ピッツバーグ・オペラ、ポートランド・オペラ、リンツ州立劇場、バーゼル 歌劇場、ボルチモア交響楽団、ワシントンのケネディー・センターでワシントン・ナショナル交響団と共演。
 
アメリカでは上記の夜の女王役に加え、タルサ・オペラ『愛の妙薬』アディーナ、インディアナ大学『ランメルモールのルチア』タイトルロール 、センターシティオペラ・フィラデルフィア『ロメオとジュリエット』ジュリエット、コネチカット・オペラ『フィガロの結婚』スザンナ、ニューヨーク シティオペラ・オーケストラ『夢遊病の女』アミーナ等を歌っている。
 
ヨーロッパでは、アイルランド・オペラとの『トゥーランドット』リューでの欧州オペラデビューを皮切りに、『ナクソス島のアリアドネ』ツェルビ ネッタ、『ドン・ジョヴァンニ』ツェルリーナで同劇場に再登場した他、フレミッシュオペラにてフィリップ・グ ラス作曲『アクナーテン』に女王タ イ『サティヤーグラハ』ミス・シュレーゼンとして出演。2010年から2014年まで、オーストリア・リンツ州立劇場の専属歌手として『ラクメ』『マ リア・ストゥアルダ』タイトルロール、『ばらの騎士』ゾフィー、『リゴレット』ジルダ、『コジ・ファン・トゥッテ』フィオルディリージ、『ラ・ボエーム』 ミミ、『チェネレントラ』クロリンダ、フィリップ・グラス作曲『失われたものの痕跡』、『カルメン』ミカエラ、パミーナ、『ラインの黄金』ヴォークリ ンデ、『ヴァルキューレ』ヘルムヴィーゲ、『椿姫』タイトルロール、モーリッツ・エッガート作曲、世界初演『テラ・ノヴァ』ララ役で出演。
日本では2014年びわ湖ホール『リゴレット』ジルダにて日本でのオペラデビューを飾った。その後も東京二期会『魔笛』夜の女王、兵庫県立 芸術文化センター『夏の夜の夢』ティターニア、『魔笛』パミーナをあいちトリエンナーレ、同役と『後宮からの逃走』コンスタンツェを日生劇 場に、びわ湖ホールプロデュースオペラ『ラインの黄金』フライア、『ワルキューレ』ジークリンデ、オペラ『神々の黄昏』グートルーネ、三河市 民オペラ『イル・トロヴァトーレ』レオノーラ、東京二期会『ばらの騎士』元帥夫人、『蝶々夫人』、『サロメ』タイトルロール、バッハ・コレギウム・ ジャパン『ポッペアの戴冠』フォルトゥナ、ドゥルジッラ両役、調布国際音楽祭『劇場支配人』ミス・ジルバークランク、『後宮からの誘拐』コン スタンツェ役で出演し好評を博している。
 
コンサートレパートリーも幅広く、バロックカンタータを始め、バッハの各受難曲、ヘンデル『サムソン』『メサイヤ』、モーツァルト『ハ短調ミサ 』、ペルゴレージ『スターバト・マーテル』、モーツァルト『レクイエム』、ヴェルディ『レクイエム』、ドヴォルザーク『テ・デウム』、ベートーヴェン『 第九』ソプラノソロ、『カルミナブラーナ』、マーラー交響曲第8番『千人の交響曲』、マーラー交響曲第2番『復活』、マーラー交響曲第4番の ソプラノソロなどでオーケストラと多数共演している。
 
二期会会員

主な賞歴

2005年 メトロポリタンオペラ・ナショナルカウンシル・オーディション ファイナリスト
2005年リチア・アルバネーゼ プッチーニファウンデーション 入賞
第44回 マリオ・ランツア奨学金 特別賞受賞
第1回 クラ・ミューズ声楽コンクール 優勝
2006年 リーダークランツ財団声楽コンクール リューツ・リーデル賞受賞
2006年チャールズ・リーナム声楽コンクール 優勝
2007年ヴェロニカ・ダン国際声楽コンクール 優勝
2007年カーディフ・シンガー・オブ・ザ・ワールド 日本代表、コンサート賞受賞
第27回国際ハンス・ガボアベルヴェデーレ声楽コンクール ハンス・ガボア賞受賞

2020年 下總睆一音楽賞受賞

公演情報

レパートリー

後援会のご案内

“E strano… Ah, fors’è lui… Sempre libera” La Traviata