1. HOME
  2. Update
  3. インタビュー記事 ソプラノ歌手、森谷真理がオペラにかける思い

インタビュー記事 ソプラノ歌手、森谷真理がオペラにかける思い

いつもご覧いただきありがとうございます。

インタビュー記事が掲載されました。ぜひご覧ください。

 

日本を代表するソプラノ歌手の一人、森谷真理。28歳でオペラの殿堂、メトロポリタン歌劇場(Metropolitan Opera House、以下MET)デビューを果たし、欧米で活躍後、昨年帰国。同年11月に『天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典』で国歌を斉唱して改めて注目された。その彼女が、日生劇場の『ルチア~あるいはある花嫁の悲劇~』に主演する。当初上演予定だったオペラ『ランメルモールのルチア』を90分に凝縮して送る舞台だ。新たな公演を前に聞く、森谷の歌手人生と今の思いとは。 テキスト:高橋彩子 様

 

ソプラノ歌手、森谷真理がオペラにかける思い

母がオペラ歌手だったので、物心ついた頃には母が歌うコンサートや市民オペラを観ていましたね。家でもクラシック音楽ばかりかかっていたので、当たり前のように周りに音楽がある環境でした。 ーーサラブレッドですね。武蔵野音楽大学大学院では声楽専攻を首席で卒業。ところが、日本では順風満帆とはいかなかったとか。 …

Update

Update一覧

information

レパートリー

後援会のご案内

“E strano… Ah, fors’è lui… Sempre libera” La Traviata