1. HOME
  2. Update
  3. 【ゲネプロレポート】東京二期会《サロメ》1

【ゲネプロレポート】東京二期会《サロメ》1

サロメ ゲネプロレポートをいただきました

4月にコンチェルタンテ(セミ・ステージ)として上演されたマスネ《エロディアード》と対を成す東京二期会「二つのサロメ」プロジェクトの後半、R.シュトラウスのオペラ《サロメ》がいよいよ始まる。こちらは東京文化会館でのフルステージ。舞台はハンブルク州立歌劇場との共同制作で、演出はヘンツェの世界初演なども手掛け著名で経験豊かなヴィリー・デッカーによるものだ。6月5日&8日組のゲネプロ(最終総稽古)を観た。(2019.6/3 東京文化会館 取材・文:山田真一 撮影:寺司正彦)

こちらからご覧ください。

退廃的なオスカー・ワイルドの世界を見事に伝える好演    4月にコンチェルタンテ(セミ・ステージ)として上演
【ゲネプロレポート】東京二期会《サロメ》(1) – 東京二期会特設サイト

Update

Update一覧

公演情報

レパートリー

後援会のご案内

“E strano… Ah, fors’è lui… Sempre libera” La Traviata