1. HOME
  2. Update
  3. 「はごろも」銀座の飛翔 シアターテイメントNEWS掲載記事

「はごろも」銀座の飛翔 シアターテイメントNEWS掲載記事

森谷真理

シアターテイメントNEWS様に「はごろも」銀座の飛翔の記事が掲載されました

「はごろも」~銀座の飛翔 一期一会の幻想的かつ現代的、日本の伝統とクラシック音楽の融合、そして創造。

古典芸能である能とクラシック音楽、この挑戦的な舞台が一回限り、銀座の王子ホールで上演された。演目は『羽衣』、有名すぎる作品で、能を知らなくても、この演目のストーリーは知っているという方も多くいることであろう。能は通常は能舞台で行われ、松の絵が背景になっており、そこで演じられる。しかし、ここは王子ホール、クラシックコンサートを主に行う場所である。よって音響が重視されているホールである。
最初にヴァイオリンの繊細な音色が響き渡り、それから美しいソプラノの歌声が響く。しかもホール後方の上の方から。何か天上の調べのような錯覚にとらわれる。天上と地上をつなぐポジション、幻想的な物語の導入にふさわしく、音だけで『羽衣』の世界観に引き込まれていくようだ。それから地謡、後見、笛、小鼓、大鼓、太鼓、静かにゆっくりと舞台上に。ワキ(漁師白龍)が登場し、いよいよ『本編』の始まりだ。それからシテ(天人)がゆっくりと登場する。 -引用

舞台撮影:菅原康太 文:Hiromi Koh

古典芸能である能とクラシック音楽、この挑戦的な舞台が一回限り、銀座の王子ホールで上演された。演目は『羽衣』、有…
「はごろも」~銀座の飛翔 一期一会の幻想的かつ現代的、日本の伝統とクラシック… – シアターテイメントNEWS

Update

Update一覧

公演情報

レパートリー

後援会のご案内

“E strano… Ah, fors’è lui… Sempre libera” La Traviata